2021年1月23日土曜日

つくし給食室だより

 




クリックしていただくと大きくご覧いただけます。

良し悪し? よしよし?

 子どもって、大人のすることなら

何でも真似するよね。


良い真似をさせてあがれば、

子どもに「良し」だけが伝わるんだよ。


子どもの前では、

思い切り「よしよし」って

してあげよう。🐞


参考資料 HUG. 日本保育協会青年部 広報部会

2020年12月19日土曜日

つくし給食室だより

 


クリックしていただくと大きくご覧いただけます。

「これなーに?」に答えてる?

 子どもにとってはどんな些細な事も、

大発見!なのかもしれない。


子どもの好奇心の芽を育てるために

子どもの質問に、答えてみよう。


大人も子どもも、

多くのことを知るチャンスにもなるから。


…大人はちょっと大変だけどね。🐞



参考資料 HUG. 日本保育協会青年部 広報部会

2020年12月1日火曜日

12月行事予定

 


クリックしていただくと大きくご覧いただけます。

2020年10月15日木曜日

心体能力を鍛える

 「身体能力」…運動を行うための肉体的能力。体の筋肉の能力について主に指す。

「心体能力」・‥心の基礎体力を示す造語。


勉強が苦手だから頭が悪いと思い込んでいませんか?先天的に頭がいい人はいないのです。頭の働きは「心体能力(上説明参照)」で違ってくるといえるでしょう。どんな人でも、自分の個性と運命に必要な頭の働きを持って生まれてきています。生まれ持っている「心体能力」を使いこなしているかによって、頭の働きが違ってくるのです。

自分の「心体能力」を信じて育てていけば、自分は頭が悪いと思ったり、自信がなかったりなどの苦しい思いをせずに済むかもしれません。


喜怒哀楽や好き嫌いなどの感情の中には、強い自分と弱い自分が心の中にいます。弱い自分が顔を出しがちな人こそ、「心体能力」を付けておく必要があると思います。それが、感情と感覚を育てる事です。それに伴って心の感じる力も強くなるはず。


「心体能力を鍛える=五感を育てる」

そうすることによって、心は鍛えられ、心は豊かになると思いませんか?



参考資料 HUG. 日本保育協会青年部 広報部会

あんぜんだより


クリックしていただくと大きくご覧いただけます。